記事の内容に関して
 記事の内容に関しては万全を期しておりますが、一部事実と異なる情報が掲載されている場合があります。

その場合は迅速に訂正致しますのお手数をおかけ致しますが、お問い合わせフォームまでお気軽にご連絡ください。

また、記事に問題がありましたら早急に削除させていただきますので、お手数をおかけ致しますが上記お問い合わせページまでご連絡ください。

YouTubeのサムネイル画像の推奨サイズは?

YouTubeで動画を配信する上で動画のクオリティと同じくらい大事なものはサムネイルです。

今回はYouTubeのサムネイルの推奨サイズを紹介します!

サムネイルとは?

サムネイルとはYouTubeのおすすめや検索画面に出てくる画像です。

(出典:YouTube様)

今回はこちらの画像を作る際の推奨サイズを紹介します!

おすすめは16:9の画像

YouTubeのおすすめのサイズは縦:横が16:9になるように作るとうまく出来ます。

しかし、16:9が具体的にどれくらいのサイズなのかがわからないかと思います。

僕がサムネイルを作るときは1280×720(px)のサイズで作っています。

他のサイズとしては以下のようなサイズがあります。

サムネイルのサイズ

・3840×2160
・2560×1440
・1920×1080
・854×480
・640×360
・426×240

数字が大きくなるごとに画質が良くなりますが、一番上のサイズは4Kの画質になります。

サムネイルは小さいサイズでしか表示されないので、文字が読み取れる程度であれば大丈夫です。

そのため、良すぎず、悪すぎずの1280×720のサイズが良いかと思います。

サムネイルの上限は?

サムネイルは記事作成時点で解像度が3840×2160、サイズは2MBが上限になっています。

比率を間違えるとどうなるの?

では、比率を間違えるとどうなるのでしょうか。

以下が比率を4:3にしたときのサムネイルになります。

(出典:YouTube様)

このように両端に黒い部分が出来てしまいます。

このままでもサムネイルとして設定出来ますが、見栄えがあまりよくわかりません。

サムネイルを作るときは16:9になるように作りましょう。

パソコンで無料で簡単にサムネイルを作る方法はこちら!

おすすめの記事