記事の内容に関して
 記事の内容に関しては万全を期しておりますが、一部事実と異なる情報が掲載されている場合があります。

その場合は迅速に訂正致しますのお手数をおかけ致しますが、お問い合わせフォームまでお気軽にご連絡ください。

また、記事に問題がありましたら早急に削除させていただきますので、お手数をおかけ致しますが上記お問い合わせページまでご連絡ください。

ツイキャスで使われる「オンツイ」とはどういう意味?使い方も紹介

今回はツイキャスでよく使われている言葉「オンツイ」について紹介します!

オンツイとは

オンツイとはツイキャスでコメントをする際に「Twitterにも投稿」にチェックを入れてコメントすることです。

コメント投稿画面 (出典:ツイキャス様)

オンツイすることのメリットは?

オンツイすることで自分のコメントと共にURLがTwitterにツイートされるため、フォロワーに自分が見ている配信を伝える事ができます。

配信者が「オンツイして」と視聴者に言うことがありますが、そのように呼びかけるのは閲覧が増えるためです。

また、自分がその配信者さんの配信を見ているということが配信者さんの名前で検索した人などに伝わり、そこから繋がりが広がることもあります。

オンツイのやり方は?

では、オンツイはどのようにするのでしょうか。

パソコンの場合

パソコンの場合は、コメントする前に左下にある「Twitterにも投稿」にチェックを入れるとオンツイ出来ます。

コメント投稿画面(出典:ツイキャス様)

アプリの場合

アプリの場合はコメントを入力する画面の左下にあるTwitterのスイッチを右にスライドさせます。

Twitterアイコンの右にあるスイッチが緑になればオンツイの設定が出来ています。

コメント投稿画面 (出典:ツイキャス様)

オンツイする際の注意点

オンツイする際の注意点としてはTwitterと連携しておく必要があります

オンツイは先程も紹介したように自分のコメントと共にTwitterにツイートされる機能になります。

そのため、Twitterと連携していないと使うことが出来ない機能になります。

Twitterと連携していない場合はこのようにオンツイすることが出来ません。

コメント投稿画面 (出典:ツイキャス様)

また、文字数も制限されます。

コメントする際の通常の文字数制限は140字になっています。

しかし、オンツイすることによってコメント出来る文字数が減ってしまうことがあります。

これはツイートされる際に下の画像のように自分がしたコメントと共に配信のタイトルや、タグが入るからです。

オンツイ時のツイート(出典:Twitter様)

まとめ

今回はツイキャスのオンツイについて紹介しました。 オンツイの内容としては以下のようになります。

  • オンツイはコメントと同時にTwitterにもツイートされる機能
  • Twitterと連携する必要がある
  • オンツイしてもらうことで閲覧が増えることもある

あなたも機会があれば是非オンツイしてみると良いでしょう。

おすすめの記事