ツイキャスでRTMPURLを再発行する方法とは?RTMPURLがバレると...

「RTMP URLを更新(再生成)できるけれど更新する意味はあるの?」そう思ったことはありませんか?

今回はRTMP URLを更新する意味などについて解説します!

※今回は分かりやすいように再生成を更新として表記します。

RTMP URLとは?

RTMP URLとは配信するための自分専用のURLです。

これが流出すると他人が自分のアカウントで配信することが出来てしまいます。

自分以外の人が勝手に規約違反の配信をしてしまうと最悪の場合アカウントがBANされてしまう可能性もあります。

流出してしまった場合はすぐに更新するようにしましょう。

配信する際にストリームキーも必要ですが、ストリームはツイキャスのIDになっているのでRTMP URLさえあれば誰でも配信出来てしまうのです。

 

RTMP URLが流出する理由

RTMP URLは自分しか確認出来ないはずです。

しかし、あることが理由で流出してしまう場合があります。

どこから流出してしまうのでしょうか。

 

1.配信に写ってしまった

これが流出する原因として一番可能性が高いです。

配信する際にツイキャスの配信設定画面を開くかと思います。

ブラウザで開いている配信画面が誤って配信画面に写ってしまい、そこから流出する可能性が高いです。

一瞬写っただけでもスクリーンショットを撮られてしまっている可能性があります。

もし写ってしまった場合はすぐに配信を終了し、RTMP URLを更新しましょう。

 

2.アカウントの乗っ取り・不正ログイン

このケースはほとんどありませんが、アカウントの乗っ取りや不正ログインからRTMP URLなどの情報が流出してしまうこともあります。

乗っ取りや不正ログインが無いようにツイキャスや連携SNS(Twitterなど)は厳重なセキュリティを施していますが、特に連携SNSの場合はログインされてしまう可能性が0とは言い切れません。

対策としては、定期的にパスワードを変える、2段階認証できるSNSは2段階認証を設定するなどの対策が有効です。

2段階認証は毎回ログインするときにSMSに届く番号を入力しないといけないため、面倒くさいですが、セキュリティとしてはかなり高いレベルでアカウントを保護出来ますので、Amazonなどでも2段階認証できるサービスは設定しておくようにすると良いかと思います。

 

まとめ

今回はツイキャスのRTMP URLが流出してしまうとどうなるのかについて紹介しました。

流出してしまうと勝手に自分のアカウントで配信されてしまうだけでなく、BANされてしまう可能性があるためRTMP URLについては厳重に管理しましょう。

もし流出してしまったらすぐに更新しましょう。

おすすめの記事