ツイキャスのパブリック放送とは?個人でも利用できる?

今回はツイキャスの配信方法の一つである「パブリック放送」について紹介します!

パブリック放送とは企業や団体のみが利用出来る配信方法

ツイキャスのパブリック放送は企業や団体などの限られた人のみが利用出来る配信方法です。

ツイキャスのパブリック放送についてツイキャスヘルプには以下のように記載されています。

パブリック放送は、広告や視聴人数・コメントなどを非表示にし、コイン不要で最大8時間まで配信することができる特別な配信モードです。

地域コミュニティや部活動・サークル活動での情報共有や、企業・学校・団体・報道機関による情報発信を目的とした公共性の高い配信で利用することができます。

パブリック放送とは - ツイキャスヘルプ

簡単に説明すると企業や団体などの有益な情報を発信する配信に利用できるモードということです。

そのため、個人では利用できません。

パブリック放送の特徴は?

パブリック放送の特徴としては、以下のような特徴があります。

・広告が表示されない。
・コメントを非表示に出来る。(書き込み出来ないようにする)
・コンティニューコイン(配信を延長するために必要なアイテム)が無くても連続で8時間配信出来る。
・閲覧数を非表示に出来る。

このような機能はツール配信などでは利用出来ないため、魅力的な機能かと思います。

パブリック方法には申込みが必要

パブリック放送をするには申込みが必要です。

申請についてはパブリック放送詳細ページより申請出来ます。

パブリック放送の配信方法

パブリック放送は通常通りのアプリ、OBSなどの配信ツールから配信出来ます。

また、合言葉を設定することでプライベート配信、グループを作成してグループ内のメンバーが視聴出来るグループ限定配信も利用可能です。

まとめ

ツイキャスのパブリック放送は企業や団体のみの審査が通った人のみが利用出来るサービスです。

企業や団体の方はこのパブリック放送を利用してみればいかがでしょうか。

参考サイト

ツイキャス パブリック放送 - ツイキャス

パブリック放送ヘルプ - ツイキャス

一般の方がツイキャスで配信する方法はこちら!

おすすめの記事