記事の内容に関して
 記事の内容に関しては万全を期しておりますが、一部事実と異なる情報が掲載されている場合があります。

その場合は迅速に訂正致しますのお手数をおかけ致しますが、お問い合わせフォームまでお気軽にご連絡ください。

また、記事に問題がありましたら早急に削除させていただきますので、お手数をおかけ致しますが上記お問い合わせページまでご連絡ください。

ツイキャスのおすすめビットレートは?各配信方法ごとに紹介

今回は「ツイキャスで配信するときの最適なビットレートは?」というお悩みを解決していきます!

※今回のビットレートは個人的におすすめのビットレートです。公式の数字とは異なる場合があります。

おすすめのビットレート

おすすめのビットレートは配信方法ごとに異なります。

以下の表に配信方法ごとにまとめました。

個人的なおすすめ数値公式の推奨上限
ツール配信950 kbps800 kbps程度1 Mbps
超高画質配信5,500 kbps(5.5 Mbps)5 Mbps6 Mbps
(映像+音声のビットレートです)

OBSで配信する場合、音声を128kbpsで設定し、残りを映像に設定すると良いかと思います。

例えば、超高画質配信でOBSで配信する場合、設定→出力→音声のトラック1を128に設定し、5500-128の5,372 kbpsを配信タブのビットレートに入力すると良いかと思います。

ツイキャスのビットレートに上限はある?

ツイキャスのビットレートには上限があります

通常配信の場合は1,000 kbps(1 Mbps)、超高画質配信の場合は6,000 kbps(6 Mbps)が上限になります。

この数値を超えたビットレートを設定して数秒~数分配信すると自動的に配信が停止されます。

ビットレートは映像と音声を合わせてこの上限になっています。

超高画質配信をする際に映像6,000 kbpsにすると音声が超過してしまうので、合わせて6,000 kbpsにすると良いでしょう。

僕の場合は余裕を持って6,000 kbpsより少し下を上限に設定しています。

ビットレートを変えるとどうなる?

そもそもビットレートとは何なのでしょうか。

ビットレートとは1秒間に送受信できるデータの量です。

つまり、数字が大きければ大きいほど画質がよくなります。

ビットレートを上限ギリギリにすれば高画質で配信できるの?

ビットレートを上限ギリギリにしても高画質で配信出来ない場合があります。

画質はビットレートの他にも解像度にも依存します。

解像度とは1920×1080、1280×720などです。

配信関係について調べていれば聞いたことがあるのではないでしょうか。

この解像度によっても画質が異なります。

ツール配信であれば1280×720、超高画質配信であれば1920×1080あたりが良いのではないでしょうか。

また、画質が良すぎると視聴者側で遅延が起きたりクルクルして快適に視聴出来ないというようなことがあるかもしれません。

普通に見える程度でいいのであればツイキャスの推奨値かそれより少し下でも良いかと思います。

まとめ

今回はツイキャスのおすすめのビットレートを紹介しました。

以下がビットレート、解像度のおすすめの数値です。

ビットレート解像度
ツール配信950 kbps1280×720
超高画質配信5,500 kbps(5.5 Mbps)1920×1080

是非最適な数値を知って快適に配信をしましょう!

ツイキャスの配信方法はこちら!

おすすめの記事