記事の内容に関して
 記事の内容に関しては万全を期しておりますが、一部事実と異なる情報が掲載されている場合があります。

その場合は迅速に訂正致しますのお手数をおかけ致しますが、お問い合わせフォームまでお気軽にご連絡ください。

また、記事に問題がありましたら早急に削除させていただきますので、お手数をおかけ致しますが上記お問い合わせページまでご連絡ください。

【2020年5月版】おすすめの生配信サイトを7つ紹介!

今回はおすすめの生配信サイトを紹介します!

おすすめの配信サイト

以下が当サイトで特におすすめしているサイトです。

・YouTube Live
・ツイキャス
・LINE LIVE
・ニコニコ生放送
・Open Rec
・ふわっち
・Mixer(旧Beam)

各サイトについて詳しく解説してきます!

YouTube Live

メリット

・ユーザー数が多い
・画質が良い
・遅延が少ない
・配信時間の限界がない

デメリット

・設定が難しい

YouTube Liveは超大手の動画共有サイトですので、配信などについては一番強いサイトになります。

しかし、初心者には設定の自由度が高いがゆえに設定に手間取ったり難しいことがあります。

ある程度の知識があればYouTube Liveは容易にできるかと思います。

YouTube Live関連の記事はこちら!

ツイキャス

メリット

・高画質配信が可能
・動作が軽い
・気軽にできる

デメリット

・たまに重くなる

ツイキャスは手軽に配信できるのが特徴です。

しかし、配信者数、閲覧数が多くなる夜に配信が重くなることがあります。(最近は改善されてきています。)

ツイキャスはパソコンでもスマホでも専門的な知識がほぼ必要ありません。

そのため、初心者でも簡単に配信することが出来ます。

ツイキャス関連の記事はこちらから!

LINE LIVE

メリット

・ユーザー数が多い
・有名人が多数利用している

デメリット

・パソコンからだと配信しにくい

LINE LIVEはアプリに特化した配信サービスです。

パソコンの場合は全ての機能を利用出来ないので、パソコン配信をしようと思っている方は他社のサービスを利用した方が良いかと思います。

しかし、スマホで手軽に配信したい方にはおすすめです。

有名人も複数利用しているサービスです。

LINELIVE関連の記事はこちらから!

ニコニコ生放送

メリット

・昔からある配信サイト
・日本最大級のライブ配信サイト
・会員限定の有料配信が可能

デメリット

・高画質で配信するには有料会員になる必要がある

ニコ生は2007年からある配信サイトです。

公式サイトによると日本最大級のライブ配信サイトだそうです。

ニコニコは会員限定の有料配信が出来るのが特徴です。

デメリットとしては高画質で配信するためには有料会員になる必要があることです。

無料会員では1Mbps/450pまでの画質でしか配信できません。

ニコニコ生放送関連の記事はこちらから!

OPENREC

メリット

・ゲーム配信に特化している
・遅延が少ない

デメリット

・有料会員でないと収益化できない

OPENRECはゲーム配信に特化した配信サイトです。

ゲームの大きな大会が配信されることもあります。

遅延もかなり少ないため、視聴者とほぼリアルタイムで交流が出来ます。

デメリットとしては有料会員にならないと収益化出来ない点です。

視聴者側にとってデメリットは特にないかと思います。

OPENREC関連の記事はこちらから!

ふわっち

メリット

・過去の配信の録画を無制限で見ることができる
・匿名でコメントできる

デメリット

・ユーザー数が少なめ

ふわっちは2015年からサービスを開始したサービスです。

年齢層はツイキャスと同じかそれよりすこし高い感じです。

匿名でコメントできるのが特徴です。

デメリットとしては新しいサービスのため、他社と比べてユーザー数が少なめなところです。

しかし、現在ユーザーが少なめなため、今配信を始めると古参が多くつく可能性があります。

ふわっち関連の記事はこちらから!

Mixer(旧Beam)

メリット

・超低遅延で配信できる
・共同ストリーミングで最大4人で同時配信できる

デメリット

・海外のサイトのため、使いにくい場合がある

Mixerはマイクロソフトが運営するライブ配信サービスです。

2016年からBeamとして登場し、2017年からはMixerに名称を変更しました。

Mixerの特徴は超低遅延で配信できるところです。

遅延は0.2秒で配信サイトとしてはトップクラスの遅延の少なさです。

共同ストリーミングという機能を使うと最大4人で同時に配信を行う事ができます。

デメリットとしては、海外サイトのため、使いにくいところがあるかもしれません。

Mixer関連の記事はこちらから!

まとめ

各サイトのメリット・デメリットは以下の通りです。

サイト名メリットデメリットおすすめ
配信内容
YouTube
Live
・ユーザー数が多い
・画質が良い
・遅延が少ない
・配信時間の限界がない
・設定が難しいなんでも
ツイキャス・高画質配信が可能
・動作が軽い
・気軽にできる
・たまに重くなるなんでも
LINE LIVE・ユーザー数が多い
・有名人が多数利用している
・パソコンからだと配信しにくい顔出し
ニコニコ
生放送
・昔からある配信サイト
・日本最大級の配信サイト
・会員限定の有料配信が可能
・高画質で配信するには
有料会員になる必要がある
なんでも
OPENREC・ゲーム配信に特化している
・遅延が少ない
・有料会員でないと
収益化できない
ゲーム
ふわっち・過去の配信の録画を
無制限で見ることができる
・匿名でコメントできる
・ユーザー数が少なめなんでも
Mixer
(旧Beam)
・超低遅延で配信できる
・共同ストリーミングで最大4人で
同時配信できる
・海外のサイトのため、
使いにくい場合がある
ゲーム

おすすめの記事